珍しい切手や、美しい柄の切手を買う際に、「将来、これを売ると高値がつくかもしれない」と期待される方も多いと思います。

切手集めがお好きな方も、一度は売ることを考えた経験があるのではないでしょうか。
しかし、いくら稀少価値のある切手であっても、保存状態によっては思ったよりも低い値段がついてしまうことになりかねません。

切手を買うという行為は、もちろん趣味の範囲でのコレクションとしての意味合いもありますが、いつか買取してもらうことを考えると、やはり気をつけなければいけないポイントはたくさんあります。

切手を購入したあと、切手として使わないのであれば、すぐにファイルやアルバムなど、なるべく傷や折り目がつかない状態を保てる環境で保管しましょう。
そのままにしておくと、劣化しやすいのみならず、反りなどが発生する原因になります。

直射日光に当たってしまうのも、紙製の切手としては品質を落とすことになります。また、しみなどにも充分に気をつけましょう。
買取業者のほうでも、やはり傷のついた切手よりも、きちんと保存されたものが欲しいと思うはずです。

将来売ることを考えていらっしゃるなら、少なくとも切手をなるべく触らず、美しい状態で保管しておくことをおすすめします。