人が関心を持つ事は時間と共に風化していき、かつては興味があったけど今は無い、という事が起こります。かつてに切手を集める事を楽しんでいたのに、今では置き場を占領するだけで邪魔になっているという事もあり得るわけです。そんな時には思い切って売ってみるとどうでしょうか。ここでは切手の買取について見ていく事にしましょう。
・切手コレクションがブームになった時の製品
昭和30年代以降に作られた切手はコレクションをする事がブームになった時期もあるので、どれも流通量が多い事で知られています。そのため、希少価値が少ないという事になります。
このような理由によりそのような切手は大半は額面以上の値段が付く事は少ない事を知っておきましょう。もし、売るのなら切手買取専門店よりはチケットショップや金券ショップにするといいです。
切手買取店が買い取ってその切手を販売しても購入する人が少ない事から、買取価格は安くなります。一方でチケットショップや金券ショップに売った場合は、お店が買い取った切手はビジネスのために使う切手としての買い手が多くいるので、買取価格も高めに設定されています。
・記念切手をどこに売るか
記念切手の場合は額面で使用する事はできますが、特殊な図柄である事が多いのでビジネスの場で使うものとしては適していないと言えるでしょう。その事から金券ショップなどにおいては買取をしない所もあります。
また査定額が低くなる可能性が高いです。記念切手の場合には切手買取専門に売るようにするといいでしょう。
・オークションで売ってみる
切手をお金に変えるにはお店に買取してもらう事も一つの方法ですが、自分でオークションを利用して販売してみる手もあります。オークションを使いコレクターに売ってみるといいでしょう。
この場合は高くなる可能性もありますが、逆になかなか売れずに値段が上がる事無く、悲しい結果に終わる事も考えられます。
・買取してくれない切手を売る方法
切手を売る方法はいろいろありますが、どうにも売る事ができない切手もあります。特に額面が10円未満や50円未満でバラの状態の切手は金券ショップでも買取してくれないケースが少なくありません。
利用価値が少ないからです。また、傷みやシミ、汚れなどがある切手では見栄えの問題や使い勝手の問題から買取をしてくれない可能性があります。このような切手は郵便局に持っていき新しい切手シートと交換してもらいましょう。
新しい切手シートになれば売れる可能性が高くなります。切手を売る方法は複数あるのでどれが可能か考えてみましょう。