コレクションとしての切手を売ったり買ったりしたことのある方にとって、未使用の切手を綺麗に保管しておくことは当たり前の情報です。
しかし、はがきや封筒に貼って消印が押してある切手にも、まだきちんと役目が残っているのをご存知でしょうか。
実は、消印の日付や場所などに価値を感じている収集家の方は意外にも多いのです。
これを売る際には、消印を完全にとっておく必要があります。
封筒などから切手部分を切り取る場合には、消印が完全に残るようにはさみを入れましょう。
このような切手は、ご自身で売ることもできるのですが、慈善団体によって寄付を集めている場合もあります。
切手は少ない量ですと軽いので、ある程度の重さを集めてから送ることをお願いしている団体が多いです。
自分の手元に利益が入らなくても、世界の誰かの役に立つのは嬉しいことですよね。
使用済み切手がたくさん集まればそれだけ価値が高くなるので、規定の量をまとめるためにも、日ごろから切り取る習慣をつけると良いかもしれません。
消印のついてしまった切手が、貧しい人々や困っている地域のために使われるのは画期的で、すばらしいと思いませんか?
人助けはこんなに身近なところでもできるんですね。